2018年12月18日18時46分
  • フランスの警察
    フランスの警察

フランスの警察が、政府の不平等な政策への抗議の意を示し、フランス全国にある警察署の全てが休業となるだろうとしました。

IRIB通信によりますと、フランスの警察連合は声明を発表し、「フランス政府は、われわれ警察部隊に対し、320万時間分の超過勤務手当てを支払っていない」としています。

この声明ではまた、「現状では、警察が年末の祝祭におけるテロなどの危険を解消することはできない」とされています。

フランス警察連合が抗議している一方で、黄色いベスト運動と称する、同国の経済問題への市民による抗議デモは依然として続いています。

黄色いベスト運動は、フランスのマケロン大統領の就任以来、同国の最大の危機となっています。

フランスにおける最近の騒乱は、先月17日から開始されましたが、これはオランダやベルギーなど、他のヨーロッパ諸国にも波及しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント