2019年01月06日16時25分
  • フランスでの「黄色いベスト運動」
    フランスでの「黄色いベスト運動」

フランス各地で、今年に入って初めての「黄色いベスト」運動が実施され、警察との衝突に発展しました。

「黄色いベスト」運動は、昨年11月17日土曜にフランスで開始され、これまで8週連続で開催されています。

5日土曜の抗議行動も、首都パリやリヨン、マルセイユ、ボルドー、ツールーズ、バレンシエンヌなどのフランスの各都市で行われました。

今回、パリで行われた抗議デモの参加者数は、1万人から1万5000人と見積もられています。

抗議者らは、「マクロン大統領は独裁者」、「マクロン大統領は辞任せよ」といったスローガンを叫びました。

パリをはじめとする多くの都市では、抗議デモは警察との衝突に発展しています。 

バレンシエンヌでも、抗議者2名が警察との衝突により負傷しています。

抗議者らは、フランス国旗やプラカードを掲げたほか、発煙物質を使用し、一部の例では「黄色い煙」を発していました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント