2019年01月12日21時05分
  • ロシアが原油採掘量を削減
    ロシアが原油採掘量を削減

ロシアが、OPEC石油輸出国機構とそれ以外の産油国による取り決めに従い、産油量を削減します。

ロシア・タス通信によりますと、同国のノヴァク・エネルギー大臣は、「ロシアは、昨年10月のOPECおよびそれ以外の産油国による合意に従い、自国の産油量を削減している」と語りました。

また、「今月、石油企業は昨年10月より、平均して5万バレル少ない量の石油を生産している」と述べました。

OPECと、ロシアなどのOPECに加盟していない産油国は、2016年の末に、オーストリア・ウィーンで初めて、世界の石油市場でのバランス維持のための合意に署名し、これは2017年と18年に施行されました。

この合意に署名した各国は、原油削減量を定めた新たな合意書に署名し、今年の前半における原油の採掘量を日量120万バレルとすることで合意しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント