2019年01月15日14時33分
  • 中国と台湾
    中国と台湾

中国政府が、インドやアメリカをはじめとする一部の国と、台湾との軍事協力について警告しました。

イルナー通信によりますと、中国外務省は台湾に対する潜水艦製造技術の提供を理由に、アメリカとインドを非難し、「このような行動は、インドやアメリカとわが国との関係に緊張を引き起こしかねない」と表明しています。

最近、インドのある企業が、日本やアメリカ、EUなどの6つの企業とともに、台湾に対し潜水艦製造に関する提案を行っています。

中国外務省は14日月曜、声明を発表し、「中国政府は、台湾とそのほかの各国との軍事協力や、台湾への兵器売却のすべてに反対である」としました。

また、アメリカやそのほかの国に対し、潜水艦製造技術を台湾に提供する許可を自国の企業に与えないよう求めています。

中国は、台湾を自国の領土の一部とみなしています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント