2019年02月12日20時43分
  • 韓国のムン・ジェイン大統領
    韓国のムン・ジェイン大統領

韓国のムン・ジェイン大統領が、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長とアメリカのトランプ大統領の会談は、両国関係の転換点だとしました。

イルナー通信によりますと、ムン大統領は、「米朝首脳会談は、韓国にとって北朝鮮との関係改善に向けた極めて良好な機会だ」とし、「近く開催予定の第2回米朝首脳会談により、朝鮮半島は対立や紛争から平和や成功へと転換することになる」と語りました。

また、「南北朝鮮は日々、平和、安定、安全に近づいている」としました。

トランプ大統領によれば、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長との2回目の会談は今月27日と28日、ベトナムで開催されるということです。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese

タグ

コメント