2019年02月17日21時23分
  • 中国外務省報道官、南シナ海での米軍の駐留について警告
    中国外務省報道官、南シナ海での米軍の駐留について警告

中国外務省の華 春瑩(か・しゅんえい)報道官が、アメリカは南シナ海での中国の兵器配備を口実に、同地域における自国軍の配備を定着させている、としました。

イルナー通信によりますと、華 春瑩報道官は17日日曜、「中国が南シナ海を軍事化していることは、アメリカが同地域に武器を派遣する口実でしかない」と語りました。

また、アメリカはこの口実によって、自国の最新鋭の戦艦や戦略的な兵器を南シナ海に派遣している、と語っています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント