2019年02月19日20時11分
  • 中国の寺院でのチベット語教育が禁止
    中国の寺院でのチベット語教育が禁止

中国政府が、同国の一部地域における寺院でのチベット語教育を禁じました。

IRIB通信によりますと、中国で全国的に宗教組織に対する制限措置が実施されると同時に、同国青海省の当局は、寺院でのチベット語教育を違法とみなすと表明しています。

当局者らによれば、チベット語教育が行われている寺院は、安全上問題があり、就学生の受け入れに適した設備がないとされています。

中国の地元政府は、「学生にチベット語を教えることは、家族にとって経済的な負担になるだけであり、学生活動を減らすための規則に反する」と表明しました。

ここ数年、中国の一部地域ではチベット語教育が人気を集めています。

一部の家庭にとっては、チベット語教育は子供のチベット語能力の強化方法の1つとみなされていますが、学校での中国語の普及拡大に対しチベット語は廃れつつあります。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese

タグ

コメント