2019年03月11日18時48分
  • 黄色いベスト運動の参加者と警察の衝突
    黄色いベスト運動の参加者と警察の衝突

複数のメディアやSNSで、フランスでの黄色いベスト運動の参加者と同国警察の衝突、および警察官が抗議者を殴打する様子を撮影した新たな動画が公開されました。

今月9日土曜の抗議運動の様子を撮影した動画では、警察官らが多数の抗議者を襲撃、激しく殴打して怪我を負わせた様子が映されています。

これらの動画は、SNS上に加えてテレビ局や通信社などでも放映されています。

フランスで、パリをはじめ各都市で展開されている黄色いベスト運動は9日土曜で通算17週目に突入しました。

抗議者らは、「我々は後退していない」とのスローガンを唱えています。

国連人権高等弁務官は今月6日、抗議者に対するフランス警察の暴力や抗議弾圧におけるフラッシュボールの使用を非難し、この問題に関する調査を求めました。

フランス内務省の統計によれば、昨年11月17日から始まった黄色いベスト運動で、これまでに10人が死亡、約3300人が負傷、あるいは逮捕されています。

この統計によりますと、抗議者のうち100人がフラッシュボールや音響手榴弾により重傷を負い、20人以上が失明したり、四肢の一部を失うなどの深刻な被害を受けています。

 

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント