2019年03月13日21時04分
  • ミサイルの発射実験
    ミサイルの発射実験

パキスタン空軍のアンワルハーン司令官が、パキスタンが長距離ミサイルの発射実験に成功したことを明らかにしました。

IRIBサハルチャンネル・ウルドゥー語放送によりますと、アンワルハーン司令官は、国産の長距離ミサイルの発射実験が成功裏に行われたことを明らかにし、このミサイルはあらゆる標的を破壊する能力を備えていると説明しました。

 

 

こうした中、インドのDRDO・防衛研究開発機構も、同国ラジャスタン州で誘導ミサイル「pynak」の発射実験に成功したと発表しています。

このミサイル防衛システムは、44秒という短い時間に20キロ~90キロ圏内にある標的に12発の誘導ミサイルを発射することが可能で、インドがこのミサイル発射実験を行ったのは今回で3度目だとしています。

誘導ミサイル「pynak」

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント