2019年04月24日16時24分
  • トランプ大統領と文在寅大統領
    トランプ大統領と文在寅大統領

韓国が、イラン産原油の輸入継続をめぐり、アメリカの政府高官と協議を行うため、来週アメリカに代表団を派遣します。

韓国のヨンハプ通信によりますと、同国外務省の関係者は匿名で23日火曜、「アメリカへの代表団派遣の目的は、イラン産原油の購入継続に関する韓国の要望についてアメリカ側と協議することにある」としました。

これに先立ち、韓国政府は声明の中で、「5月2日に期限を迎えるイラン原油禁輸制裁適用除外の延長に向け、今後も働きかけていく」としていました。

アメリカは22日、イラン産原油の輸入8ヶ国に対する適用除外を延長しないと発表しました。

このアメリカの決定は、中国、インド、トルコなどイラン産原油輸入国の強い抗議に直面しています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント