2019年04月25日20時45分
  • 朝ロ会談
    朝ロ会談

ロシアのプーチン大統領が、北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長との会談で、北朝鮮との関係拡大と相互間協力を歓迎しました。

イルナー通信によりますと、プーチン大統領とキム委員長は25日木曜、ロシア・ウラジオストックで会談しました。

プーチン大統領は、「この会談が両国の関係拡大、および朝鮮半島の核問題の解決の助けとなることを確信している」と述べています。

また、「ロシアと北朝鮮の経済・人的交流・関係の拡大のために、さらに努力する必要がある」と語りました。

さらに、アメリカと北朝鮮による核協議の実施を追及している、としています。

一方、キム委員長もこの会談で、「朝鮮半島情勢は、国際社会の注目を集めている」とし、「この会談で、朝鮮半島問題がプラスに捉えられ、両国間で幅広い意見交換がなされるよう希望する」と述べました。

キム委員長は24日水曜、プーチン大統領との会談を目的に、列車でウラジオストック入りしました。

米朝首脳会談は今年2月末に、朝鮮半島危機の解決を目的にベトナム・ハノイで実施されましたが、この時は物別れに終わっています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント