2019年04月28日20時44分
  • 風刺漫画
    風刺漫画

アメリカの新聞ニューヨークタイムズが、アメリカのトランプ大統領とシオニスト政権イスラエルのネタニヤフ首相の風刺漫画を、ネットサイト上から削除しました。

ニューヨークタイムズは最近、ネタニヤフ首相がトランプ大統領を連れて歩く「盲導犬」として描いた漫画を掲載していましたが、政治的な圧力を受けこれについて謝罪するとともに、この漫画をサイト上から削除しました。

ニューヨークタイムズはツイッター上において、「4月25日付けの新聞に掲載された問題の漫画は、ニューヨークのニュースサービスが作成したもので、ネット上から削除された」と表明しています、

今回、このような漫画が掲載された一方で、トランプ大統領はいわゆる「世紀の取引」と称するパレスチナ・イスラエル問題に関する計画を実行しようとしています。

アメリカが提案した「世紀の取引」によれば、聖地ベイトルモガッダス・エルサレムはシオニスト政権に委譲され、他国に拡散するパレスチナ難民には祖国帰還の権利はなくなり、パレスチナ政府はヨルダン川西岸とガザ地区に残されたわずかな地域のみの領有権を有することになります。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント