2019年05月02日19時41分
  • ラブロフ外相とポンペオ国務長官
    ラブロフ外相とポンペオ国務長官

ロシアのラブロフ外相が、アメリカのポンペオ国務長官との電話会談で、ベネズエラに対するアメリカの敵対行為の結果について警告しました。

イルナー通信によりますと、ラブロフ外相は1日水曜、この電話会談で「アメリカの対ベネズエラ干渉は、国際法への公然とした違反である」とし「ベネズエラに対するアメリカの侵略的な行動は、重大な結果を招くだろう」と述べています。

アメリカとその同盟国は最近数週間にわたり、ベネズエラの反体制派を支持し、同国でのクーデターを実施しようとしています。

ベネズエラの反体制派の指導者フアン・グアイド氏は今年1月23日、ベネズエラ暫定大統領への就任を宣言しましたが、同国の政府と国民はこの行動を同国の合法的なマドゥロ政権に対するクーデターとみなしています。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ

コメント