2019年06月23日21時53分
  • アメリカの無人偵察機グローバルホーク
    アメリカの無人偵察機グローバルホーク

アメリカ政府関係者の1人が、「イランに撃墜されたアメリカの無人偵察機は、イランの領空に侵入していた」と語りました。

イギリスの新聞ガーディアンのインターネットサイトは、「アメリカのトランプ大統領とその支持者らが21日金曜、ツイッターやインタビューの中で、トランプ大統領が人的被害を阻止するためにイランへの空爆を中止し、イランの地元の司令官が許可なくアメリカの無人機を撃墜し、これを策略的な陰謀だと主張している一方で、アメリカのある政府高官は匿名で、表向きに事実に近い発言をし、対イラン攻撃の停止の理由は、この無人機やそのほかのアメリカの無人機P8Aポセイドンが実際に、本来の航路をはずれ、イランの領空に侵入していたことによるものだとしている」と報じています。

今月20日、アメリカの無人偵察機グローバルホークが、イラン南部の領空を侵犯したため、同国のイスラム革命防衛隊・宇宙航空部隊に撃墜されました。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese

タグ

コメント