2019年09月07日21時30分
  • ナイジェリアにおけるシーア派の追悼シーズン・モハッラム月の行事
    ナイジェリアにおけるシーア派の追悼シーズン・モハッラム月の行事

シーア派3代目イマーム・ホサインが殉教した月に当たる、イスラム暦のモハッラム月が到来した中、世界各地のシーア派教徒が悲しみを表し、このシーズン特有の追悼行事を挙行し、イマームホサインとその教友らの勇敢さを再現しています。

ナイジェリアの首都アブジャやザリア、カノ、カドゥナ及び、同国のブハリ大統領の出身地ダウラなどの各都市では、政府側による厳戒態勢や厳しい制限がしかれている中で、アーシュラーと呼ばれるこのシーズン独特の追悼行事に、シーア派教徒らが大々的に参加し、イスラムのこの偉人とその教友の追悼行事を盛大に実施しています。

 

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283 

タグ

コメント