今年も1月に、ファジル音楽祭が開催されました。              

 

第33回ファジル音楽祭は、1月20日、各賞の発表によって幕を閉じました。

ファジル音楽祭

 

毎年、ファジル音楽祭では、イラン音楽の独自の可能性や独創性が発揮された優れた作品が演奏されています。この音楽祭は、音楽の分野の1年の活動を振り返り、不足を補ったり、これまでの成果を発表したりするための機会となっています。

 

ファジル音楽祭は、1986年2月に初めて、革命音楽フェスティバルというタイトルで活動を開始しました。この音楽祭が開催されてから4年後には、ファジル音楽祭に名称が変更され、別の部門も加えられました。

 

1992年2月には、初めて、国際的な形で音楽祭が開催され、国内のさまざまなジャンルの楽団だけでなく、外国の楽団もこのフェスティバルに参加しました。

 

とはいえ、この年には、イスラム諸国の音楽が、国際分野の活動を軸とし、イスラム教徒の優れた音楽家の参加を促す努力が行われました。これにより、タジキスタンやインド、アゼルバイジャンの楽団が参加しました。

 

 

1998年2月の第13回ファジル音楽祭では、女性の楽団がプログラムの演奏が許可されました。

ファジル音楽祭、女性の楽団がプログラムの演奏

 

女性の楽団は、その後も引き続き、音楽祭に参加しています。第20回のファジル音楽祭では、音楽に関する研究部門が特に注目されました。また、第23回では、コンペティション部門が加えられました。

ファジル音楽祭、女性の楽団がプログラムの演奏

 

その後も、若い音楽家の重視というテーマがフェスティバルの中軸として提起されました。第33回ファジル音楽祭は、1月10日から20日まで、テヘランにあるいくつかの音楽ホールで開催されました。この音楽祭は、現在、開始から33年が経過しています。

 

 

第33回ファジル音楽祭は、オーケストラ、女性、ポップスなどのさまざまな部門に分かれ、85の楽団の90以上のプログラムの演奏によって開催されました。

ファジル音楽祭、地方音楽

 

革命音楽の部門では、6曲が披露され、3つのプログラムが3つの楽団によって演奏されました。この中で初めて、コーラス部門が革命音楽に加えられ、3つの合唱団によって革命の永遠に残る作品が披露されました。

 

研究部門では、ドイツ、オーストリア、ポーランド、イランの研究者たちが、特定のテーマに関する様々な見解について検討を行いました。

 

ファジル音楽祭の主要な部門であるオーケストラ部門では、IRIBの交響楽団、フェレイドゥーン・シャフバーズィヤーン氏が指揮するイラン国立楽団、シャフルダード・ルーハーニー氏が指揮するテヘラン交響楽団、ナヴィード・ゴウハリー氏が指揮する楽団などによる演奏が行われました。

この音楽祭のバールバド賞は、ファジル音楽祭の転換点であり、およそ200作品が審査にかけられた後、閉会式で優秀作品に授与されます。イラン音楽の最優秀アルバム賞、年間最優秀演奏アルバム賞、年間最優秀クラシック音楽アルバム賞、年間最優秀イラン音楽アルバム賞、年間最優秀フュージョン音楽アルバム賞、年間最優秀ポップス音楽アルバム賞、年間最優秀クロスオーバー音楽アルバム賞が、バールバド賞となっています。

 

バールバドは、6世紀から7世紀に生きた、 イランの有名な歌手、音楽家、演奏家の名前です。

 

2018年01月25日22時57分
コメント