2018年11月25日00時09分
  • 慈愛の預言者、ムハンマド
    慈愛の預言者、ムハンマド

イスラムの預言者ムハンマドが、イスラムの新たな体制を打ち立てるためメディナで行った10年間の努力は、熟考に値するテーマのひとつです。

預言者ムハンマドは長年に渡り、あらゆる機会を大切にし、教えや導きの光を絶やすまいとしていました。預言者は人類のために、様々な特徴を持った健全な体制のモデルを打ち立てました。

 

預言者が打ち立てた社会において、最初の原動力となったのは信仰心でした。それは人々の内部から湧き出てきたもので、彼らを正しい方向へと導くものでした。この信仰心は、コーランの節を読み上げることにより、人々の意思を強化し、思想を育成していきました。また、もうひとつの特徴は、公正でした。預言者は、活動の基盤を公正と正義に置き、誰も他人の権利を侵害したりせず、成長のための健全で開けた空間が生まれるようにしました。信仰と正義に続いて、敬虔さはこの社会の人々の優位性を決定する唯一の基準となりました。そして知識もまた、発展のための重要な手段として、預言者によって奨励されたのです。

 

この他、預言者ムハンマドが打ち立てたイスラム体制における優れた特徴は、人々の心に波打つ同胞愛でした。部族的な衝突や逸脱した思想は、預言者の言動によって消え去りました。人々は同胞の誓いを結び、互いに団結しました。また、弛まぬ努力も、預言者ムハンマドのイスラム社会の特徴です。これらの特徴により、イスラム体制の強固な柱として、信仰を持つ勇敢な人々が次々と預言者の列に加わっていきました。イスラムの預言者ムハンマドの存在は、メディナの町を芳香で包む春のそよ風のようであり、それはまもなく、メディナの周辺にも広がっていきました。その後、イスラムはメッカを征服し、イランとローマという当時の2大帝国の中に深く浸透していきました。こうして預言者ムハンマドは、歴史の中で人々の心を魅了するようになったのです。

 

ラジオ日本語のフェイスブックやユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://www.facebook.com/ParsTodayJapanese

http://youtube.com/channel/UCXfX6KY7mZURIhUWKnKmrEQ

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 

タグ

コメント