• 化学品・合成樹脂・工業用塗料
    化学品・合成樹脂・工業用塗料

この時間は、イランの化学品・合成樹脂・工業用塗料についてお話ししましょう。その中で、この分野のナレッジベース企業の成果についてもご紹介します。

化学製品は、現代の生活とは切り離せないものです。化学物質を使用していないものは見当たらないほどです。セメント、アスファルト、医薬品、衛生用品、衣料品、これらすべてに化学物質が使用されています。そのため、化学産業は、さまざまな工業の産業として知られています。

 

化学製品の生産量の増加は、経済成長や貿易、雇用に大きな影響を与えています。この数十年、化学製品の需要の増加により、この産業の生産額は、1970年の1710億ドルから、2012年にはおよそ5兆ドルに達しています。

 

化学製品には、合成樹脂、工業用塗料、接着剤があります。工業用の塗料が生産されるまで、すべての染料には天然素材が使われていました。こうした天然の染料は、先人たちの知恵に基づいて伝統的な形で作られていました。

 

時の経過とともに、染料を作る際に鉱物原料が使用されるようになり、次第に顔料が使われるようになりました。世界で初めて工業用の塗料を生産したのは、アメリカ人のデュポンという人物だと言われています。

 

現在、世界中でおよそ4000万トン、1200億ドルの工業用塗料が生産されています。2014年の世界の塗料の輸出額は、540億ドルでした。

 

イランにおける工業用塗料の歴史は、100年ほど前にさかのぼります。それまで、貴族階級の邸宅や政府系の建物の塗料には、植物や鉱物資源などの天然素材が使われていました。

 

1939年には、イランで最初の工業用塗料の生産工場が活動を開始しました。この頃、工場では、植物油や顔料を使用した油絵具が生産されていました。この分野に数多くの工場が進出したことで、イランの塗料産業が形作られました。これらの企業は、次第に自動車の塗料など、さまざまな種類の製品を生産するようになりました。

 

現在、イランの塗料産業では、350以上の工場で、年間100万トン近い生産能力により、さまざまな種類の塗料が生産されています。この分野のイランの輸出用の製品は、主に建物や装飾に使われるもので、アフガニスタン、イラク、トルクメニスタン、タジキスタン、カザフスタンに輸出されています。

 

地域諸国で最も消費量が多い塗料は、建物に使われるもので、イランでは、市場の需要のおよそ25%が生産されています。

 

塗料に使われているのは、粘着質の強い天然樹脂です。2014年の世界の輸出額のうち、およそ850億ドルをこの物質が占めていました。天然樹脂は、塗料の原料として使用されています。

 

天然樹脂は植物から取られ、数千年以上前、この物質は松などの木から取られていました。天然樹脂の色は、透明なものから茶色いものまであり、硬度もさまざまです。

 

天然樹脂のひとつに、松脂があります。松やにはかつて、遺体を保存したり、食器を作ったりするのに使われていました。また、マニキュア、宝石、香水などを作るのにも使用されていました。

化学品・合成樹脂・工業用塗料

 

技術の進歩とポリマーの開発により、研究者たちは合成樹脂を作ることに成功しました。合成樹脂は化合物から成り、天然樹脂に代わる塗料などの生産に使用されています。

 

現在、イランの合成樹脂産業では、120以上の企業が活動しており、年間75万トンの合成樹脂を生産し、各国に輸出しています。この製品の最大の市場は、CIS独立国家共同体やペルシャ湾岸の首長国です。

 

イランポリマー化学工業会社は、合成樹脂を生産する会社のひとつです。この企業は、専門家の技術を支えに、中東最大の合成樹脂や化学製品のメーカーとなっています。

 

接着剤も化学製品のひとつです。接着剤産業は、他の産業やその生産において根本的な役割を担っています。かつて、接着剤には植物や動物からとれる天然素材が使用されていました。

 

19世紀から、ポリマー産業において合成接着剤が作られるようになり、接着剤産業は大きな成長を遂げました。現在、シンプルな箱からボーイングの新型航空機に至るまで、接着剤が使用されています。

 

接着剤は、物と物をつなげるために使用されるだけでなく、プラスチックや繊維、ガラス、ゴムなどに粘着質を作り出すためにも不可欠です。

化学品・合成樹脂・工業用塗料

 

化学工業は、その活動範囲の多様性により、完全に独自の産業となっています。この分野のナレッジベース製品に集中した活動も、この産業の経済的な利益を拡大しており、多くの利益をもたらしています。

 

そのため、イランでは、数十社のナレッジベース企業が、化学製品の分野で活動しています。その一部は、ナノテクノロジーに注目し、大きな成功を収めてきました。こうした企業の一つが、ファダク新技術会社(http://nanoproduct.ir)です。この会社は、ナノシリカの開発に成功しました。

 

ナノシリカとは、世界市場で最も消費の多いナノ製品のひとつです。これは、化学的、物理的な特徴や構造の変化により、さまざまな産業で応用されています。ナノシリカは、塗料や樹脂に混入して表面処理に使われます。また、ゴム産業にも用いられます。

 

この他のイランのナレッジベース企業の成果の一つは、ナノテクノロジーを使った木工用接着剤の開発です。この接着剤は、通常の木工用接着剤に比べて経済的である上に強力です。また、非常に複雑な生産過程を持つサーマルペーストがあります。

 

サマルペーストは接着性が高く、さまざまな用途に使用されるため、温度の変化に対応できます。この接着剤は、プラスチックやポリマー性の部品に応用されています。また、自動車のバッテリー産業や包装産業、食品産業にも用いられています。

2018年02月13日14時01分
コメント