• 聖典コーラン
    聖典コーラン

今回は、コーラン第72章アル・ジン章ジンについてお話ししましょう。

慈悲深く、慈愛あまねき、神の御名において

 

アル・ジン章はメッカで下され、全部で28節あります。

 

アル・ジン章は、主に、ジンという名の目に見えない存在について話しています。ジンがイスラムの預言者を信じていること、ジンの中にも敬虔なジンと不信心なジンがいること、その他、それに関連する一部の問題が述べられています。28節から成るこの章のうちの19節は、この問題について述べており、ジンに関する迷信的な多くの考え方を否定しています。またこの章の別の部分では、唯一神の信仰、復活、目に見えない事柄への知識について触れています。

 

聖典コーランによれば、ジンとは、神の創造物のひとつであり、人間の前に火から創造されました。ジンは、何かを聞いたり、言葉を発したり、論拠を導き出したりする力を持っています。理性や知識、理解力、真理と偽りを見分ける判断力もあります。ジンたちは、様々な問題を分析することができ、選択する力を持ち、責務を有しています。また、敬虔なジンと不信心なジンがおり、コーランなどの聖典でも語りかける対象となっており、一部の行いにおいて、人間を助けます。

 

コーランの内容から、人間はジンよりも優れた立場にあることが分かります。なぜなら、神のすべての預言者は、人間から選ばれているからです。さらに、ジンは、人間であるイスラムの預言者ムハンマドに信仰を寄せ、預言者に追従しました。コーランが、この目に見えないジンという存在について用いている事柄は、あらゆる迷信や非科学的な問題とはかけ離れたものですが、一部の知識のない人々は、ジンに対して非論理的で迷信的なイメージを持ち、ジンという言葉を聞くと、彼らの頭の中には一連の迷信が浮かびます。例えば、ジンとは、不思議な恐ろしい姿かたちを持つ、あるいは、有害でいやがらせをする存在だと考えています。

 

ジンは本当に存在しますが、私たち人間は、ジンの本質や生活の仕方について、コーランで語られること以外は知りません。この世界には他にも多くの生き物がいるでしょうが、私たちの限られた知識や知覚では、それらを知ることができません。世界には多くの色や音がありますが、私たちが見たり聞いたりするのは、そのうちのほんのわずかなものであるのと同じです。

 

コーランの解釈では、アル・ジン章が下された理由について、様々な事柄が紹介されていますが、そのうちの一つをご紹介しましょう。

 

歴史には次のようにあります。ある日、預言者ムハンマドがメッカからターイフにある市場にやってきて、そこに集まった大勢の人々をイスラムに導こうとしました。しかし、誰一人として、預言者の導きに応じるものはいませんでした。預言者は帰り道で、ある場所にたどり着きました。そこはジンの谷と呼ばれていました。預言者ムハンマドは、その夜はそこにとどまり、夜通しコーランの節を朗誦しました。ジンの一部は、コーランの節を聞き、信仰を寄せました。そして、イスラムを述べ伝えるため、自分の仲間のもとへと戻っていきました。アル・ジン章の第1節は、この出来事について次のように述べています。

 

「言え、『私に啓示が下った。ジンの一団が[コーランに]耳を傾け、その後で言った。私たちは驚くようなコーランを聞いた』」

 

ジンたちは、コーランを非常にすばらしい言葉だと考えました。なぜなら、コーランはその調子やリズムの点でも、また内容の点でも驚くべきものであり、その上に、驚くべき魅力や影響力を持っていたからです。ジンたちは、神の節を聞き、こう言いました。「このコーランはすべてを成長の道へと導くものだ。だから私たちはコーランを信じ、私たちの主である神に対して、何ものも同等に据えることはない。私たちの神は非常に偉大であり、神は決して、配偶者や子供を持つことはない」

 

ジンたちは続けて、このように言いました。「今、私たちは、神に配偶者や子供がおり、同等の仲間たちがいると考えていた祖先たちが、真理の道から外れ、神に関して真理に反した、誤った言葉を語っていたことを認める。私たちは何の根拠もなく、それらのことを他人から受け入れていていたが、それは、人間がジンには神について誤った偽りの内容を述べる勇気があるなどとは考えてもいなかったためである。しかし今、それらの主張が誤っていたことを悟った。このように真理を悟ったため、私たちはそれに信仰を寄せた」

 

次回も、引き続き、アル・ジン章についてお話しする予定です。

 

 

2018年06月14日20時10分
コメント