6月 29, 2022 20:00 Asia/Tokyo

インド西部ムンバイ(旧ボンベイ)で、モンスーンの大雨の影響により4階建ての建物が倒壊し、少なくとも19人が死亡しました。

フランス通信が29日水曜、報じたところによりますと、当局が同日、明らかにしたところでは、28日火曜夜までに14人が救出され、19人の遺体が収容され、犠牲者のうち少なくとも6人は18~21歳の若者だったということです。

NDRF国家災害対応部隊の報道官は、捜索・救助活動が続けられているとしましたが、激しい雨により難航している模様です。

ムンバイが位置する西部マハラシュトラ州は、昨年も大雨に見舞われており、モンスーンによる洪水と土砂災害で200人が死亡、25万人が避難しました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ