6月 30, 2022 21:05 Asia/Tokyo

中国の習近平国家主席が、香港の中国返還25周年記念式典および、新たな香港行政長官・李家超(ジョン・リー)氏の就任式に出席するため、香港入りしました。

李氏の就任式は1日金曜、実施される予定です。

ロイター通信によりますと、習国家主席は、2017年以来初めて、高速鉄道で香港入りし、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官夫妻の歓迎を受けました。

習氏が中国本土から出るのは、2019年のコロナ禍以降、初めてのことです。

習氏は、前回の香港訪問にいおいて、中国の国家主権を脅かすような行動や措置について警告し、香港は自らの治安体制を修正する必要がある、と強調していました。

香港は1842年から1997年にかけて、イギリスの植民地になっていましたが、1997年に中国本土に返還されました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ