7月 02, 2022 19:46 Asia/Tokyo
  • 南シナ海・香港沖
    南シナ海・香港沖

中国・香港沖の南シナ海で、30人乗りの作業船が沈没し、これまでに3人が救出されたものの、残り27人が行方不明となっています。

中国の各メディアが報じたところによりますと、香港沖の南シナ海で2日土曜、30人乗りの作業船が沈没しました。

これまでに3人が救出されましたが、残り27人の消息は分かっていません。

香港メディア「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によりますと、現地時間2日午前7時25分ごろ、香港から南西に約300キロ沖合の南シナ海で遭難した30人乗りの船から、香港の海難救助当局に緊急通報がありました。

事故の原因はまだ判明していませんが、現場海域では当時、台風が接近しており海が荒れていたとみられています。

事故を起こした船体は2つに割れ、沈没したとされ、現在海難救助当局が航空機やヘリコプターを派遣して救助にあたっていますが、台風の影響で作業は困難を極めています。


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem



 

タグ