7月 06, 2022 21:01 Asia/Tokyo
  • 米戦闘機
    米戦闘機

米韓両軍は最新鋭ステルス戦闘機・F35Aを使用した合同訓練を14日まで実施します。

CNNによりますと、5日までに米空軍のF35Aが6機、韓国内に展開しました。6機は米アラスカ州のアイルソン空軍基地から派遣されたということです。

韓国国防省はこの展開について、両軍の相互運用性を強化し、強力な抑止と連合防衛態勢を示すのが目的だと述べました。北朝鮮に対するけん制と抑止力向上が目的とみられます。

韓国の報道担当者によると、両軍のステルス戦闘機による合同訓練は今回が初めてのことです。

F35Aは世界でも最新鋭の戦闘機のひとつで、韓国軍には2018年から納品が開始され、今年春に計40機の配備が完了しました。

韓国や日本に駐留する米軍は、対北朝鮮や中国などを念頭に合同軍事演習を行っており、その度に東アジア地域における緊張増大の一因となっています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ