8月 06, 2022 19:42 Asia/Tokyo

北朝鮮は、ペロシ米下院議長が韓国で行った発言を非難しました。

ペロシ米下院議長による台湾および東アジア歴訪は、大きな非難や反発を呼びました。これに関連して、同議長による韓国での発言が、北朝鮮の反発を引き起こしています。

ペロシ氏と韓国のキム・ジンピョ国会議長は今月4日、北朝鮮に対する抑止力強化と北朝鮮の非核化のための努力を支持しました。

IRIB通信によりますと、北朝鮮外務省のメディア・広報担当は、「ペロシ氏は最悪の平和破壊者で、台湾訪問により中国国民の怒りを買った」と述べました。

北朝鮮の国営KCNA朝鮮中央通信も、ペロシ氏の発言を、「北朝鮮に対する米の敵対政策を正当化し、朝鮮半島の緊張扇動という米計画の一部」と評しました。

米国と東アジアにおけるその同盟国は、北朝鮮に対して、その自衛計画を理由とし最も厳しい制裁を科しています。これに対し北朝鮮は、中国と同様に、地域における米軍駐留とその干渉主義的政策が東アジアの軍事化に拍車をかける原因だとしています。

台湾を自国領土の一部とみなしている中国は、ペロシ氏の台湾訪問に対して軍事演習を行ったほか、ペロシ氏を制裁対象とし、米国との関係を縮小すると表明しました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ