8月 11, 2022 14:52 Asia/Tokyo
  • 北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党総書記の妹
    北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党総書記の妹

北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党総書記の妹、キム・ヨジョン党副部長が、韓国の脱北者が散布したビラで新型コロナウイルスが北朝鮮に流入したとして「強力な報復を加えなければならない」と述べました。

北朝鮮のKCNA朝鮮中央通信によりますと、キム・ヨジョン党副部長は10日火曜の全国非常防疫総括会議で演説し、「世界的な保健危機を機にわが国を圧殺しようとする敵」により北朝鮮で新型コロナ感染が拡大したと主張しました。

また、韓国から北朝鮮に入り込んだ「見慣れない物」がウイルスを媒介したことは明白だと述べています。

ここでいう「見慣れない物」は韓国の脱北者団体が大型風船で北朝鮮に飛ばしたビラや物資を指しており、ヨジョン氏は脱北者団体のビラ散布の背後に「かいらい保守のやから」がいると指摘し、これが続く場合には「非常に強力な報復性の対応を加えなければならない」と警告しました。

一方、韓国・ヨンハプ通信がソウルから報じたところによりますと、韓国統一部の当局者は11日水曜、北朝鮮のこの主張したことについて、「根拠のない主張を繰り返し、韓国に対して無礼で威嚇的な発言をした」と批判し、「強い遺憾を表明する」と表明しました。

また、ヨジョン氏の「報復性の対応」への言及に対し、「北の動向を綿密に注視し、可能性に備えていく」としています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ