8月 15, 2022 17:27 Asia/Tokyo
  • 米議員団の台湾訪問
    米議員団の台湾訪問

アメリカのペロシ下院議長による先日の台湾訪問に続き、今回は同国の議員5人が同様の挑発行為に出たことを受け、中国政府は再び強く反発し、「このような米国の行為は、危険な火遊びである」と表明しました。

米民主党のマーキー上院議員が率いるアメリカ議員団は、14日日曜に台湾に到着しましたが、これにより米中の軋轢が悪化する可能性が浮上しています。

中国は、今月2日のペロシ下院議長による訪台に激しく反発しており、この数十年で最も挑発的な軍事演習を実施するなど、米中間の緊張は高まっていました。

中国は、台湾を自国の領土の一部とみなしており、アメリカに対しては繰り返し、「一つの中国」原則を尊重するよう求めてきました。

しかし近年、アメリカが中国への内政干渉に出たことにより、両国の関係は悪化していました。

ロシア・リアノーボスチ通信のウェブサイトによりますと、朝鮮半島問題を担当する中国政府の特別代表である劉暁明氏は、自身のツイッターにおいて、「我が国は米国に対し、中国内政への干渉をやめて、『一つの中国』政策を遵守するよう望んでいる」としました。

そして、「今回の行為は、非常に危険な火遊びである。火で遊ぶ者は死ぬ可能性がある。中国と台湾の再統一を妨害しようとする者は誰であれ、14億以上の人口を擁する中国が築いた『巨大な鉄壁』に突き当たることになるだろう」と続けました。

この件をめぐっては、在米中国大使館も声明を発表し、「米議員団の今回の訪台は、米政府が台湾海峡の安定を望んでおらず、双方の対立発生や中国内政への干渉を厭わないことを、改めて証明して見せた」と指摘しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ