8月 18, 2022 16:28 Asia/Tokyo
  • アフガン首都での爆破テロ
    アフガン首都での爆破テロ

アフガニスタンの首都・カーブルで、爆破テロにより30人が死亡しました。

各情報筋は当初の報道で、この爆破による死者を20人としていましたが、その数はさらに増えたことになります。

ロシアのスプートニク通信によりますと、アフガニスタンで17日水曜午後、首都カーブル北部にあるセッディーギーエ・モスクで爆弾が爆発し、30人の礼拝者が死亡したほか、40人が負傷しました。

この爆破で殉教した人々の中には、有名な宗教学者であるアミール・モハンマド・カーボリー師も含まれています。

これまでのところ、どの個人およびグループからも、この爆破テロの犯行声明は出されていません。

この事件については、イラン外務省のキャンアーニー報道官も爆破テロへの非難を表明しています。

アフガニスタンでは、2021年8月15日にタリバンが権力を掌握して以降、テロリストによる攻撃や爆破が数十件起きており、そのほとんどに対してテロ組織ISISが犯行声明を出しています。

このような状況の中、タリバン暫定政府はISISの脅威はとるに足らないとして、国内のISISを殲滅すると約束しました。

しかし、アフガニスタン各地でテロリストによる多数の攻撃や爆破事件が発生していることは、タリバン暫定政府の主張とは反対に、同政府が国内各地で必要な安全を確立できていないことを示しています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram    Twitter    urmediem


 

タグ