9月 22, 2022 20:31 Asia/Tokyo
  • 韓国のユン・ソクヨル大統領
    韓国のユン・ソクヨル大統領

韓国のユン・ソクヨル大統領が、米大統領主催の国際会合で、カメラに気づかず米国を侮蔑発言を行った瞬間を映像に捉えられ、非難を浴びています。

フランス通信が22日木曜、報じたところによりますと、すでに史上最低の支持率を記録しているユン大統領が21日水曜、訪問先の米ニューヨークでジョー・バイデン大統領主催の国際会合に出席した際、米国を侮蔑する表現を用いて側近に話し掛ける瞬間を映像に捉えられ、非難の矢面に立たされています。

ユン氏は、感染症対策に取り組む基金への増資を検討する会合で米国が60億ドル(約8600億円)の出資を表明した後の記念撮影の時に「もし、こいつらが議会で可決しなかったら、バイデンのクソメンツは丸つぶれだな?」と側近に韓国語で話し掛けています。

この映像は韓国で一気に拡散され、ユーチューブでは投稿から数時間で再生が200万回を上回り、韓国語ツイッター上では「こいつら」がトレンド1位となりました。

ユン氏の発言は、バイデン氏が約束した資金拠出には米議会の承認が必要な点を指摘したものとみられますが、ユーチューブのコメント欄には、「大統領の言動は韓国の威厳に関わる」との投稿もありました。

ユン氏は5月に大統領に就任したばかりですが、すでに評論家の言うところの「無理解」ぶりを連発し、支持率は一時24%まで下落しました。

数日前には、エリザベス英女王の国葬参列のため訪英した際、女王のひつぎが公開安置されていた国会議事堂のウェストミンスターホールを弔問に訪れず、その理由を「交通渋滞のため」と釈明する大失態を演じています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     Youtube     urmediem


 

タグ