11月 24, 2022 18:14 Asia/Tokyo
  • 台湾が無人機製造に着手へ
    台湾が無人機製造に着手へ

台湾が、2025年までに100機以上の戦闘用無人機を製造する見通しです。

中国は北朝鮮と同様に、地域での情勢不安や軍拡競争の主な原因として、西側諸国、特に米国の行動を挙げています。過去数か月の米国当局者の台湾訪問を含め、地域における最近のアメリカの挑発行為は軍国主義を加速しています。

メフル通信によりますと、台湾は2025 年までに104機の無人機「Xian Hsing」を製造する計画を立てています。

Xian Hsing以外にも、敵のレーダーおとり装備を搭載したタイプもあります。

製造者によると、これらの無人機の打ち上げや移送は容易かつ迅速なものになるということです。

中国は台湾を「一つの中国」の領土の一部と見なしており、台湾の分離独立を扇動するあらゆる動きにも強く反対している。アメリカの最近の行動により、中国と台湾の間の緊張が軍事衝突にまでエスカレートしています。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     urmediem


 

タグ