May 28, 2020 20:36 Asia/Tokyo
  • 韓国での新型コロナウイルス感染拡大
    韓国での新型コロナウイルス感染拡大

韓国で28日に発表された新型コロナウイルスの新規感染者は79人と急増し、現在実施されている「生活の中での距離確保」(生活防疫)体制が変更されるかどうかが注目を集めています。

韓国のヨンハプ通信によりますと、韓国政府は感染拡大防止のために実施していた施設の一部休業を含む「社会的距離確保」措置を今月6日に終了しましたが、その際に提示した基準、「1日平均の新規感染者50人未満」「感染経路不明者の割合5%以内」が、いずれも最近になって上回ったため、社会的距離確保を再度実施する可能性が出てきました。

政府の中央防疫対策本部によると、28日午前0時現在の新型コロナ感染者数は前日午前0時の時点から79人増えました。1日当たりの新規感染者数が70人を超えたのは先月5日の81人以来、53日ぶりです。

感染経路が分かっていない感染者の割合も上昇傾向にあり、今月13日から27日までに報告された感染者303人のうち、7.6%に当たる23人は感染経路を調査中です。

中央防疫対策本部の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)本部長は27日の会見で「首都圏のソウル市、京畿道、仁川市で感染経路が確認されていない事例が増加の様相を見せており、地域内での感染リスクも高まっている」とした上で、「リスクの度合いを見極め、コントロール可能な範囲ではないと判断すれば、一部の流行地域で社会的距離確保を強化する必要がある」と述べています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント