7月 04, 2020 17:16 Asia/Tokyo
  • 南シナ海に展開する米軍
    南シナ海に展開する米軍

中国政府が、南シナ海に展開する米軍の違法な駐留および軍事演習の実施に関して警告しました。

イルナー通信によりますと、中国外務省の趙立堅報道官は3日金曜、記者会見し、中国が緊張を扇動しているとするアメリカの発言に反論し、「中国軍が南シナ海で軍事演習を行なうのは中国の権利である。問題は中国にあるのではなく、この海域から遠く離れたところから乗り込んできて軍事活動を行う他国にある」と強調しました。

南シナ海での中国の軍事演習は今月1日から5日まで実施されます。

米国防総省は、「中国による軍事演習は、領有権争いの対象となっている海域の情勢不安を招く」と主張しています。

中国が南シナ海のほぼ全域の領有権を主張している一方で、ベトナム、フィリピン、マレーシア、ブルネイ、台湾もそれぞれこの一部海域の領有権を主張しています。

南シナ海に浮かぶ島々には、石油や天然ガスなどの豊富な資源が埋蔵されています。

アメリカは、南シナ海を国際海域とみなしており、この海域を自国の潜水艦やその他船舶が航行することは合法的な権利だと強調しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント