7月 06, 2020 13:29 Asia/Tokyo
  • アフガン駐留の米情報部隊が麻薬を密輸
    アフガン駐留の米情報部隊が麻薬を密輸

あるロシアの高級外交官が、アフガニスタン駐留の米諜報部隊が一部ヨーロッパ諸国に麻薬を密輸している、と暴露しました。

アフガン問題を担当するロシア大統領特使のザミール・カブロフ氏は、ロシア・タス通信のインタビューの中で、「米国の諜報部隊が麻薬密売に関与しており、同部隊の航空機はアフガン南部カンダハールと首都カーブル北方バグラムから、ドイツやルーマニアなど彼らが望むところならどこへでも、全く検査を受けることなく飛び立っていく」と語りました。

最近、アメリカは、「ロシアが反体制派武装組織タリバンに資金を提供し、米軍兵士の殺害を勧めていた」と主張しました。

タリバンとロシア当局共に、この主張を否定しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント