7月 07, 2020 22:58 Asia/Tokyo

インドで、新型コロナウイルス感染による死者数が2万人を突破しました。

ロイター通信が7日火曜、報じたところによりますと、インド政府が約2カ月にわたったロックダウン都市封鎖)の緩和に動く中、感染者数が急増しており、新規感染者・死者数はともに3カ月ぶりの高ペースで増加している、ということです。

インドでは同日、新型コロナによる死者が新たに467人確認され、累計の死者数は2万0160人に増えました。

また、新規感染者は2万2252人で、累計では71万9665人となり、これによりインドのコロナ感染者の累計数は6日月曜にロシアを抜いて、アメリカ、ブラジルに次ぐ世界3位となりました。

もっとも、ロイター通信の集計では、1万人当たりの死者数に関してはインドは0.15人で、米国の3.97人、英国の6.65人と比べると低い水準にとどまっている、ということです。

インド保健当局者は、死者数が今後数週間で大幅に増える可能性があるとして、警戒感を強めている。

なお、インドでの新型コロナによる死者数は米国、ブラジル英国イタリアフランススペインに次いで世界7位となっています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント