7月 08, 2020 18:45 Asia/Tokyo
  • インド警察によるイスラム教徒殺害
    インド警察によるイスラム教徒殺害

インド警察は、ニューデリーで起きたイスラム教徒襲撃と殺害について、過激派のヒンズー教徒が大きな役割を果たしていたと明らかにしました。

タスニーム通信によりますと、インド警察は8日水曜、「イスラム教徒を襲撃した者たちは、しばらく前からチャットアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」でグループを作り、そこでイスラム教徒への襲撃計画を詳しく語っていた」と発表しました。

今年2月26日、トランプ米大統領の訪印と時を同じくして、インド軍と狂信的なヒンズー教徒たちがイスラム教徒を襲撃し、50人が死亡、400人以上が負傷しました。

この悲劇的な事件では、一部のイスラム教徒たちは生き埋めにされ、インド全土での暴力の波が始動しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント