10月 13, 2020 19:33 Asia/Tokyo
  • 中国の王毅外相
    中国の王毅外相

中国の王毅外相が、「中国とASEAN・東南アジア諸国連合は南シナ海などで緊張をかき立てる米国の戦略への警戒を怠らないようにすべきだ」としました。

ロイター通信が13日火曜、マレーシア・クアラルンプールから報じたところによりますと、王毅外相は13日、訪問先のマレーシアのヒシャムディン外相と共同記者会見し、「外部からの障害」を排除するため協調すべきだとした上で、「我々(中国とマレーシア)は、南シナ海は艦隊を用いた大国のレスリング場ではないとの認識を共有している。中国とASEANは、南シナ海の平和と安定を維持するに十分な責任感と知性を持ち合わせている」と語っています。

一方、ヒシャムディン外相はこの記者会見で、「南シナ海の領有権問題は域内対話を通じて平和的に解決されるべき」との認識を示しました。

中国はここ数カ月間に、南シナ海の領有権問題の焦点である西沙諸島付近などで複数の軍事演習を実施しており、アメリカはこれを、中国が同海域に「海洋帝国」を築こうとしているとして非難しています。

これに対し、王毅外相は米政府の「インド太平洋」戦略を東アジアの「安全保障上のリスク」だとし、「米国が画策しているのは、旧態依然とした冷戦状態を広め、異なるグループやブロック間の衝突をあおり、地政学的な争いをかき立てることだ。ASEAN加盟国はこの点を全て明確に認識し、警戒を怠らないと信じている」と述べました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ