10月 19, 2020 16:39 Asia/Tokyo
  • 中国の極超音速滑空ミサイルDFー17 台湾近辺に配備か
    中国の極超音速滑空ミサイルDFー17 台湾近辺に配備か

一部の情報筋が18日日曜、台湾に近い中国本土沿岸部に中国の極超音速滑空ミサイル「DF-17(東風-17)」が配備される、としました。

香港の新聞・サウスチャイナモーニングポストは、「中国軍は、台湾に近い中国南東部に最新鋭の極超音速弾道ミサイル・東風17を配備しており、命中精度がより低い東風11および15を撤去していく意向だ」と報じました。

専門家によりますと、これらのミサイルは追跡不可能で、台湾からのあらゆる攻撃を撃退できるということです。

一部の中国人評論家は、台湾付近へのミサイルDFー17の配備について、メディアの憶測に過ぎないとしています。

こうした中、台湾の新聞リバティタイムズは、この件に懸念を示し、「ミサイルDFー17は、台湾東部にあるわが国の空軍基地を射程圏内に捉える能力がある」と報じました。

台湾のメディアはまた、中国海軍部隊やステルス性戦闘機J20が、地域に配備されることに触れています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ