10月 28, 2020 22:41 Asia/Tokyo
  • クリル諸島
    クリル諸島

クリル諸島の防衛が「ミサイル」戦車T-72B3によって強化される計画について、ロシアメディアが、軍当局筋を引用して報じました。

本計画について、完全な装備更新および担当者による操縦技術などの習得には1〜2年かかるとみられています。

最初の戦車はすでにクリル諸島に到着しており、乗組員は夏にシミュレーターで操縦を習得済みで、秋には一連の実践的な訓練を実施したということです。

T-72B3戦車には出力を増加したエンジン、赤外線照準器、改良された火器および通信制御システム、追加の防御が装備されています。

これにより事実上、クリル諸島の部隊の火器が強化されることになります。

先に、日本の菅首相は、ロシアとの南クリル諸島(北方4島)の問題に終止符を打つ考えを示しており、これについてロシアの専門家らが通信社スプートニクのインタビューでコメントしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ

コメント