11月 26, 2020 21:12 Asia/Tokyo
  • 中国外務省の趙 立堅報道官
    中国外務省の趙 立堅報道官

中国に対するアメリカの新たな制裁行使を受け、同国外務省が強い抗議の意を表明しました。

ロシア・スプートニク通信によりますと、中国外務省の趙 立堅報道官は26日木曜、対イラン協力を理由とした中国企業に対するアメリカの新たな制裁に強く抗議しました。

また、「中国はこれに関して、アメリカに厳重に抗議するとともに、第3国に対する一方的な制裁行使に反対するとともに、アメリカに対し、自らの過ちを修正し、こうした違法な制裁を止めるよう求める」と語っています。

これに先立ち、ロイター通信アメリカ国務省特別代表の話として報じたところによりますと、アメリカはイランとの協力・交流を理由に中国とロシアの4つの法人に制裁を行使することを発表しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

タグ