12月 02, 2020 05:41 Asia/Tokyo

中国は、イランの核問題にとってのあらゆる政治的解決の根本的前提条件は、核合意の継続的な維持と実施でなければならない、と強調しました。

イルナー通信によりますと、中国外務省の華 春瑩(ホァ チュンイン)報道官は1日火曜、北京での記者会見の席上で、12月中旬にオーストリア・ウィーンで開催される合同包括行動計画(核合意)の合同委員会会議に言及し、「この会議において参加国はイランの核問題の現状について話し合うことになっている」と述べました。

華報道官はまた、米国に対し、合理性と実用主義によりできるだけ早急に核合意に復帰し、国際的な核兵器の不拡散メカニズムと西アジア地域の平和と安定を維持するための実践的措置をとることで祖の責務を果たすよう求めました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://urmedium.com/c/japaneseradio

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

 https://soundcloud.com/user-614960283

タグ