1月 23, 2021 20:42 Asia/Tokyo
  • 元慰安婦像
    元慰安婦像

韓国のソウル中央地裁が日本政府に旧日本軍の元慰安婦への賠償を命じた今月8日の判決が、23日午前0時に確定しました。

韓国のヨンハプ通信によりますと、同国の民事訴訟法では、一審の判決を不服とする場合は判決文の送達を受けた日から2週間以内に控訴することになっていますが、裁判所によれば、日本政府は期限のこの日午前0時までに控訴状を提出せず、一審判決が確定しました。

日本政府側は、裁判所が他国を訴訟の当事者として裁判を行うことはできないとする国際法上の原則「主権免除」を主張し、控訴しない方針を明らかにしていました。

ソウル中央地裁は8日、元慰安婦12人が日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、原告1人当たり1億ウォン(約940万円)を支払うよう日本政府に命じました。また、この件は日本による国レベルの反人道的犯罪であり、韓国の裁判所に裁判権があるとして、主権免除を適用しませんでした。

判決は確定したものの、元慰安婦が賠償金を受け取ることができるかは不透明であり、日本政府が賠償に応じない場合、元慰安婦側が日本政府の資産を指定し、差し押さえや現金化などの手続きを裁判所に申請しなければなりません。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ