1月 26, 2021 20:23 Asia/Tokyo

タイの病院のレストランで、スパイシーな「ハッピー」サラダ、大麻の芽を散らしたスープ、大麻の葉の揚げ物など、大麻を使った料理の提供が始まり、好奇心いっぱいの客が殺到しています。

フランス通信が26日火曜、報じたところによりますと、タイでは2018年、東南アジアで初めて医療用大麻が合法化されて以来、数十億ドル規模の市場で利益を得ようと、大麻オイルの抽出、蒸留、マーケティングの取り組みが進められてきました。

これに伴い、植物としての大麻は昨年12月、国の麻薬リストから外されたため、病院などは許可があれば葉、茎、根を使った食品の提供が可能になっています。

同国チャオプラヤアバイブーベ病院の根拠に基づくタイ伝統医療・植物療法センターのセンター長、パカークローング・クワンカーオ医師は、「大麻を食べることは伝統的タイ料理への回帰だ。食事に大麻の葉を入れるのは私たちの文化でもある。大麻が禁止される前は調味用ハーブとして少量を入れたり、薬草としても使用したりした」と語りました。

また、「最近の研究によると、これぐらいの少量で気分や集中力、さらには創造力も向上させることができると分かっている」と述べています。

但し、妊娠中の女性や特定の健康問題を抱える人は大麻入りメニューを避けるよう注意を促しています。

レストランがある同病院のウエルネスセンターは今月上旬、大麻を使ったタイ料理の提供開始しており、調理場では、調理人が大麻の葉に衣をつけ、パリッと小麦色に揚げている。その脇では別の調理人が、唐辛子とひき肉が入った鍋に大麻の葉を散らすなどの作業風景が見られました。

なお、試食した宝石デザイナーのフランス人男性は、料理について「大麻の葉がやや苦味を加えている」とし、料理は「素晴らしかった」とコメントしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ