1月 28, 2021 21:23 Asia/Tokyo
  • 中国国防省
    中国国防省

中国国防省は28日、台湾海峡における最近の軍事活動について、外国勢力による干渉や台湾独立を支持する勢力による挑発への対応であり、「(台湾)独立は戦争を意味する」と表明しました。

ロイター通信によりますと、中国国防省報道官は月例会見で、中国軍機が台湾の防空識別圏に侵入するケースが増えているとの台湾の報告についての質問を受けてこのように表明しました。

中国は、台湾が正式な独立宣言に向けて動いているとして警戒を強めています。

国防省報道官は会見で、台湾は分離することのできない中国の一部だと強調し、「台湾海峡における中国人民解放軍の軍事活動は、同海峡を巡る現在の安全保障の状況に対応し、国家の主権と安全保障を守るために必要な行動」との考えを示しました。

その上で「『台湾独立』を目指す勢力による外的介入や挑発に対する厳正な対応だ」としました。

そして、台湾の「一握りの」人々が台湾独立を志向しているとし「『台湾独立』派に警告する。火遊びをする者はやけどする。『台湾独立』は戦争を意味する」と語気を強めました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

 

タグ