4月 14, 2021 19:03 Asia/Tokyo
  • 李容洙(イ・ヨンス)さん
    李容洙(イ・ヨンス)さん

旧日本軍の韓国人元慰安婦、李容洙(イ・ヨンス)さんが14日、ソウル市内で記者会見を開き、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本の首相を理解させ、ICJ国際司法裁判所で(日本の過ちを)明らかにすることが願い」と述べて、慰安婦問題のICJ付託を再度求めました。

韓国のヨンハプ通信によりますと、李さんは旧日本軍の慰安婦問題のICJ付託に向けた推進委員会の委員長を務めています。

李さんは「韓国と日本は隣国だ。敵になってはならない」としながら、「過ちを明らかにし、謝罪を受けてこそ名誉が回復される」と強調し、「国際司法裁判所の判決に従う」とした上で、バイデン米大統領に対し、慰安婦問題の解決を要請する考えを明らかにしました。

李さんは会見前にソウルの日本大使館を訪れ、ICJ付託を求める菅義偉首相宛ての書簡を手渡しました。書簡では「慰安婦問題の被害者中心主義による解決と両国の対立解消のため、慰安婦関連の法的紛争をICJに付託し、国際法による権威と拘束力のある判決を求めることを提案する」と促しています。

会見に出席した申熙錫(シン・ヒソク)延世大法学研究院博士は、菅首相とバイデン米大統領の首脳会談(16日)に合わせ、米国で慰安婦問題に取り組む個人と団体がICJ付託を要請する公開書簡を発表すると明らかにしました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ