4月 18, 2021 16:05 Asia/Tokyo

中国外務省が17日土曜、台湾海峡の安定や南シナ海問題などに言及した日米首脳共同声明に関して、「直ちに中国内政への干渉をやめるよう求める」とする報道官談話を発表しました。

中国外務省は、日米首脳会談後に発表された共同声明に関して、「日米が中国の懸念に厳粛に対応し、直ちに中国内政への干渉をやめるよう求める」としました。中国政府は同様の談話を、米国や日本にある中国大使館を通じても発表し、重ねて日米に対する不満を強調しています。

談話では、日米首脳が香港や新疆ウイグル自治区の人権問題を提起したことや、沖縄県・尖閣諸島を日米安全保障条約第5条の適用対象であることを確認したことにも反発し、「強烈な不満と断固とした反対」を表明しました。

また、「あらゆる必要な措置を取り、国家主権、安全、発展の利益を断固として守る」と主張し、外交ルートを通じて日米両国に抗議したことにも言及しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ