4月 27, 2021 19:25 Asia/Tokyo

ミャンマーの反政府武装組織KNU・「カレン民族同盟」が27日朝、同国東部タイ国境付近にある国軍の基地を攻撃、奪取しました。

フランス通信が、KNU幹部の話として報じたところによりますと、ミャンマーでは、今年2月1日に国軍がクーデターでアウン・サン・スー・チー国家顧問を拘束して以来、混乱が続き、各地での治安部隊による抗議デモ弾圧で死者も出ています。

また、KNU外交部門トップ、パドー・ソー・トォ・ニー氏は「戦闘は27日火曜午前5時に勃発し、わが軍は国軍基地を占領した」と語ったということです。

ミャンマーの国土のうち主に国境地帯を含む3分の1は、独自の民兵組織を持つ無数の反政府勢力によって支配されており、中でも主要勢力の一つ、東部カイン(又はカレン)州のKNUは、タイ国境沿いの支配領域でここ何週間にわたり、軍と衝突しています。

27日にはタイとの国境の一部を成すサルウィン川近くで戦闘が発生しており、タイ側の住民の証言によりますと、ミャンマー領内から銃声や爆発音が聞こえたとされています。

ミャンマー国軍は先月、KNUに基地を攻撃された報復として、カイン州では過去20年で初となる空爆を実施しました。

同州での衝突はここ数週間でさらに激化しているため、川を渡ってタイ側に一時避難した約2000人を含め、民間人2万4000人以上が避難しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ