6月 12, 2021 14:30 Asia/Tokyo
  • 核兵器備蓄
    核兵器備蓄

中国がアメリカとロシアに対し、核兵器備蓄量の削減により世界の核軍縮に協力するよう求めました。

中国の王毅外相

中国の王毅外相は、スイス・ジュネーブでオンライン形式で行われた軍縮会議において、「アメリカとロシアが核兵器備蓄量を削減することで、多面的な核軍縮問題の世界中での進展・波及に寄与できる」と述べました。

また、アメリカによる武器の拡散を批判し、「我が国は、ひとつの特定の国を通じた、地域や世界全体でのミサイル防衛システムの設置・拡大に反対である。なぜならこの行動は、戦略的安定を脅かすからだ」と続けました。

これ以前に各メディアは、アメリカ国防総省がインド太平洋地域の米軍基地内に地対空ミサイル防衛システムを設置することで、自国のこの地域への進出をさらに強めることを狙っていると報じていました。

アメリカは2019年、INF中距離核戦力全廃条約から離脱しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ