7月 31, 2021 21:05 Asia/Tokyo
  • 中国のミサイル
    中国のミサイル

米国は、大陸間弾道ミサイルを保管するために新しいミサイル格納庫を建設したとして中国を非難しました。

ユーロニュースによりますと、米国科学者連盟の研究者は、衛星画像を使用して、中国西部で少なくとも250基のミサイル格納庫が建設されたことを報告しています。

研究者たちは、新疆ウイグル自治区の東部の都市ハミに建設されている新しいミサイル格納庫は、冷戦と米国と旧ソビエト連邦によるミサイル格納庫の建設以来、そのような基地を建設する最大の計画であると言います。

衛星画像によると、約3,000キロメートルの面積を持つこれらの倉庫は、大陸間弾道ミサイルを保持することができます。

米国の専門家は、デポのサイズは、軍事紛争の場合にそれらをターゲットにするのが難しいほどの大きさであると言います。

世界最大のミサイル兵器を保有する米国は、ミサイル計画を策定するという名目で、中国や北朝鮮を含む多くの国に圧力をかけ、制裁さえ課しています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ