8月 04, 2021 20:03 Asia/Tokyo
  • 英艦船の太平洋常駐計画
    英艦船の太平洋常駐計画

北朝鮮は3日火曜、イギリスが年内に艦船2隻をアジア太平洋地域に常駐させる計画を発表したことをうけ、「挑発行為」として非難しました。

ロイター通信によりますと、イギリスは、台湾などアジア太平洋地域で影響力拡大を狙う中国への警戒感を示し、同地域への関与を強化しています。

北朝鮮は、艦艇常駐計画の発表時期が英軍空母クイーン・エリザベスの打撃群の南シナ海通過と重なっていると指摘しました。

その上で、北朝鮮当局者は、ウォレス英国防相の「北朝鮮と中国が日本と韓国を孤立させ、インド太平洋地域の航行の自由を脅かそうとしている」との発言を非難しました。

この当局者は、外務省ウェブサイトに掲載した声明で、「アジア太平洋地域への艦艇派遣で状況を緊迫させている英国が、われわれの『脅威』を言い訳にしていることは挑発行為の一種だ」と主張。「このことはアジア諸国から強い反発を招き、すでに不安定なアジア情勢をさらに緊迫させるだけだ」と批判しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ