9月 09, 2021 15:58 Asia/Tokyo
  • アフガ二スタンでの米軍
    アフガ二スタンでの米軍

アフガ二スタンに駐留していた元米軍司令官が、米政府が同国で失敗したと認めました。

ロイターTVによりますと、ジャック・ミジリー(Jack Midgley)元米軍司令官は、アフガ二スタンからの米軍撤退について語り、「同国での米国が失敗することは予期できたことだった」と述べました。

続けて、「この米国最長の戦争による混乱を終わらせることは、回避できるものではなかった。それは、米政府がこの戦争を誤った目的により始めていたからだ」としました。

そして、「米国の根本的かつ戦略的な誤りは、アフガ二スタン社会の本質を変化させようとした点にある」と指摘しました。

アフガ二スタンを侵略した米軍は、20年間同国に駐留しながら惨めに失敗し、先月31日に完全撤退しました。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ