9月 23, 2021 18:13 Asia/Tokyo
  • ミャンマー・ロヒンギャ族イスラム教徒
    ミャンマー・ロヒンギャ族イスラム教徒

トルコのチャブシオール外相は、ミャンマーのロヒンギャ族イスラム教徒への支持を継続することを強調しました。

トルコ・アナトリア通信が伝えたところによりますと、チュブシオール外相は、ツイッターにメッセージを投稿し、「ミャンマーのイスラム教徒難民の自国への自発的かつ、安全で恒久な帰還に向けた努力が継続されるべきである。我々はロヒンギャ族イスラム教徒を決して忘れることはないだろう」としましました。

トルコとバングラデシュは、米ニューヨークでの第76回国連総会の傍ら、ミャンマーのイスラム教徒の状況を検討するビデオ会合を開催しました。

ミヤンマーの少数派であるロヒンギャ族イスラム教徒は、同国軍の弾圧、殺害行為により、国外に非難せざるを得なくなています。彼らの多くは、バングラデシュをはじめとする近隣諸国に避難し、非常に厳しい状況の中に暮らしています。

 

ラジオ日本語のユーチューブなどのソーシャルメディアもご覧ください。

https://twitter.com/parstodayj

https://www.instagram.com/parstodayjapanese/

http://urmedium.com/c/japaneseradio

タグ